会社設立してからの会計事務所の選び方

個人事業主です。個人事務所から法人にしました。

会社設立の際は会社設立方法Naviを参考にしました。

会計事務所との連絡頻度は?連絡方法は?

連絡は、回数は平均月約1.5回で、方法は主にメール。資料お届け時などは電話も使用。

内訳は、決算の前後の月に各約2~3回。決算月は約8回。源泉税支払い月は約3回。

なお依頼は主に決算です。自分でパソコンを使用して元資料を作成し、お届け方々簡単に打ち合わせをします。

会計事務所で完成した決算書はPDFにしたものをメール送信してもらって確認し、会計事務所から電子申告。その後、完成決算書のプリントを送付してもらっています。

 

こんな会計事務所がおすすめ!という内容とは

第一のおすすめは「誠実で親身」な会計事務所であることです。

実は、以前の会計事務所は、ビジネスライクなのはいいのですが、印鑑の扱いなどいくつか気になることがあったので断りました。それで、納得のいく会計事務所にお願いしたいと思い、自分の取引先に「評判の良いい会計事務所を知っていますか。実際にそこに頼んでいますか」と問い合わせし、紹介してもらったのが、今お願いしている会計事務所です。実際に依頼してみたら、取引先の言う通りの、誠実で親身になってくれる会計事務所でした。手続きのラクな電子申告への切り替えなども、必要なことはさりげなく導入してくれました。
第二のおすすめポイントは「ビジネスマナーが良い」会計事務所であることです。
今お願いしている会計事務所は、電話や打ち合わせ時のマナーが良く、いつも気持ち良く連絡できます。担当者だけでなく、誰が電話に出ても、マナーが良いようです。また打ち合わせ時は、余計なことを聞いてくることもなく、しかもフレンドリーです。年末の決算時はお互い多忙なのですが、そんな時でも、少しも嫌な気分にさせられたことはありません。もちろん予算があればですが、依頼を続けたいと思える会計事務所です。