太陽光発電の仕組み

太陽光発電システムは一般住宅用と産業用があります。
産業用の中でも大型の発電システムをメガソーラーと呼びます。
住宅用の太陽光発電は出力が10kw以下に対してメガソーラーは1000kw以上の太陽光発電設備となります。
どちらも基本的な仕組みは同じと言っていいでしょう。
太陽光発電はリースでも導入できます。

 

さて太陽光発電というからには太陽の光をエネルギーに変えるということは理解できますが、その仕組みはどうなっているのでしょうか。
ソーラーパネルはご存知ですよね。
住宅用ならよく屋根の上に設置されています。
メガソーラーは広い土地にソーラーパネルがたくさん並んでいますね。
このソーラーパネルは太陽電池をたくさんつなげたものです。
そして太陽電池が発電機の役割を果たしているのです。
太陽からの光エネルギーが太陽電池に照射されると太陽電池を構成している半導体の電子が動いて電気が作られるのです。